(一般財団法人)小原流 中津支部【華道】

会の情報:

創 立 1965年11月
支部長 佐藤 紫風
 
専門教授者数 31名

小原流中津支部のあゆみ:

 小原流は19世紀末、小原雲心が盛花(もりばな)という新形式のいけばなを考案して、近代いけばなの道を開いたことが始まりです。創流から約1世紀を経て、五世家元小原宏貴に継承し、その時代にあった生活様式にふさわしいいけばなを生み出し続けています。中津支部は、創立54年となり、人と人とのつながりを大切にし、暮らしの中に花がある喜びを伝えながら、和を大切にする文化をはぐくみ、日々活動しています。

主な行事:

 ・定例研究会(年5回)      会員の技術向上と交流
 ・専門教授者研究会(年1回)   本部指導員による教授者の技術向上
 ・大分県連教授者研究会(年1回) 県下の専門教授者の技術向上と交流
 ・郵便局のいけばな展示(週1回) 会員交代制で、季節の花展示
 ・みんなの花展(年1回)     いけばな体験を行う年もあり

   ❀❀❀ 各流派生花展 中止のお知らせ ❀❀❀
  2020年10月10日、11日 に開催予定にしておりました「各流派生花展」は
  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。
     《中津文化協会 生活芸術部部会華道4流派》   
      ・(一財)小原流中津支部
      ・華道家元池坊中津支部
      ・いけ花草月流中津支部
      ・華道専心池坊中津支部 
   

会の写真: