ZENKAI太鼓「和」

会の情報:

創 立 2000年11月
代 表 野依 修視
保護者会 会長 高野 美則
事務局 事務局長 杉田 聡
連絡先 中津市本耶馬渓町跡田904番地
0979-52-2289
鼓員 18名(~高校生まで)2015年4月現在

会の歩み:

申し訳ありません。まだデータが更新されておりません。

 享保20年(1735年)旅の僧、禅海は青の鎖渡しの難所に遭遇し隧道開削事業を1人決意する。鑿と槌での難事業は、30年の歳月を費やし、ついに「青の洞門」が完成する。「青の洞門」開削作業の傍ら、僧禅海によって、私たちの郷土に伝えられた和太鼓のリズム。それを受け継いで現在に伝える郷土の伝統芸能「禅海太鼓」。その打法・音色を正しく継承・普及させるために後継者団体として活動しています。 『今なお、語り継がれる禅海の偉業 太鼓の響きと共に・・・』
「メモ」 『わ』とは、「日本」=倭・「自分」=我・「仲間」=輪・「和太鼓」=和の意味
 『倭の国で、個々の我が集い、輪となり、和を奏でる』 太鼓を通じて、地域全体の大きな「わ」が出来るように・・・

会の活動:

主活動歴 ○‘02年8月:町主催の夏祭りに初陣。デビュー曲「和」を披露 
     ○‘10年5月:結成10周年記念コンサートを中津文化会館にて開催
     ○‘11年8月:第13回日本太鼓ジュニアコンクール全国大会に出場し優勝、内閣総理大臣賞 受賞
     ○‘11年11月:大分県知事感謝状、大分県青少年健全育成顕彰、中津市表彰 受賞
     ○‘13年2月:台湾公演&台湾ジュニア団体との合同練習会を実施
     ○‘14年2月:太鼓を通じての観光宣伝活動が認められ、中津市本耶馬溪観光大使に委嘱される。

会の写真: