ようこそ Guest さん
中津文化会館リンク
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


ミニカレンダー
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
文化協会ギャラリー
寺内タケシとブルージーンズ
寺内タケシとブルージーンズ
アクセスカウンター
今日のカウント: 369/2081
トータル: 3982/162785
オンライン状況
● 現在 15 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 文化協会部会紹介 を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 15
トップ  >  美術部会/アトリエどろんこ遊美会
写真
    
タイトル
創 立1981年
代表者山田史郎
(アトリエどろんこ主宰)
遊美会会長甲斐憲章
連絡先中津市上宮永4-51-17
TEL0979-23-6100
(アトリエどろんこ内)
※この会のホームページが開きます→
 
      

会の歩み・活動

 1982年秋に第1回の絵画作品展を開催して以来、「遊美会」は中津の美術状況の中に確固とした位置を築いてきました。
 会員各自が人生を豊に楽しむために絵を描くことが根幹ですが、毎年開催される「遊美会絵画作品展」をはじめとする自主的な作品発表や、中津市美展や大分県美展などにチャレンジすることにより、作品を通じて市民の方々とのコミュニケーションをはかってきました。また、絵を描く楽しさを通じて中津への深い愛着を喚起すべく、ここ5年ばかり「中津を描こう!はがき絵コンクール」を企画開催してきました。
 絵画作品を理解するためには、他者をわかろうとするやさしさに似た、能動的なコミュニケーション能力が必要です。このアート・リテラシー(芸術教養)においては、中津市民にはただならぬものがあります。毎回大勢の方々が展覧会場に押しかけます。市民の文化芸術に対する期待ははなはだ大きいといわなければなりません。
 そんな魅力的な創造都市の要となるのがミュージアムです。これまでミュージアムは〈経済〉対〈文化〉という二元論の中で論じられてきた不幸があります。しかし、その二元論を超えて、観光・教育・芸術文化が地元に経済効果を生むものであることを知ることが、魅力的な創造都市へと踏み出す第一歩です。
 美しいまちに住みたいという市民の欲求は充満してきています。この市民パワーを結集するのが中津文化協会の役割であると判断しています。「アトリエどろんこ遊美会」もその一員として微力を注いでいきたいと考えます。


     ◆◆◆ 第31回アトリエどろんこ遊美会絵画作品展 ◆◆◆

       日時:平成24年10月26日(金)〜29日(月)
       場所:中津文化会館 小ホール
          入場無料

プリンタ用画面
前
美術部会/中津美術協会
カテゴリートップ
部会紹介
次
美術部会/柏水会
固定リンク集
山国川流域百景
もみじ(sample04)
もみじ(sample04)
八面山百景
紅葉(sample13)
紅葉(sample13)
フリーギャラリー
ねこやなぎ(sample05)
ねこやなぎ(sample05)
中津文化協会 TEL.0979-53-7303(中津文化会館内)〒871-0058 中津市豊田町14番地の38