ようこそ Guest さん
中津文化会館リンク
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


ミニカレンダー
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
文化協会ギャラリー
花(sample16)
花(sample16)
アクセスカウンター
今日のカウント: 369/2096
トータル: 3982/162794
オンライン状況
● 現在 13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 文化協会部会紹介 を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 13
トップ  >  生活芸術部会/専心池坊中津支部
写真
    
タイトル
創 立昭和11年4月
代表者佐藤美代子
連絡先中津市東浜774-59
TEL0979-25-1590
会員数45名
※この会のホームページが開きます→
 
      

会の歩み

 日本の誇る伝統文化の一翼として、花の心を通して、毎日の暮らしに美と潤いをもたらし、人々の心を楽しく豊に満たして、人生における大切な心の糧にならうとするものです。  専心池坊のいけばなは、古典花と、現代花に大別され、他に見られない特色を持っています。
 〈古典花〉古典花は、池坊の伝統を正しい形でうけつぎ、その特長を発展させる努力を続けています。種類としては、立華と生花があり、これに現代性を加えた、新立華と新生花があります。立華は、いけばなの基本ともいえるすぐれた様式であり、立華を簡略化した生花は、いけばなの粋として広く愛好されるものです。一方、新立華と新生花は立華や生花の現代的な応用花として研究が進んでいます。
 〈現代花〉現代花は、表現方法の違いによって自然花と、自由花の二つに分けられます。自然花は、自然の草木の出生を生かすのが基本とされています。景色描写の自然景と盛花、投入花の小品も含まれます。自由花は、戦後、造形という新たな観点から研究されたもので、草木の出生にとらわれず、いける人の個性を自由に表現します。

主な行事

 各流合同華展の外、各町村毎の華展、年3回の家元講習会などが有ります。

プリンタ用画面
前
生活芸術部会/いけ花草月流中津支部
カテゴリートップ
部会紹介
次
生活芸術部会/表千家中津茶の湯同好会
固定リンク集
山国川流域百景
流れ002(sample25)
流れ002(sample25)
八面山百景
ピンク(sample09)
ピンク(sample09)
フリーギャラリー
㋤かよし な㋕まが ㋡どうまち
㋤かよし な㋕まが ㋡どうまち
中津文化協会 TEL.0979-53-7303(中津文化会館内)〒871-0058 中津市豊田町14番地の38