ようこそ Guest さん
中津文化会館リンク
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


ミニカレンダー
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
文化協会ギャラリー
EXPO
EXPO
アクセスカウンター
今日のカウント: 350/1236
トータル: 4025/163794
オンライン状況
● 現在 15 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 文化協会データ を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 15
トップ  >  文化協会の規約
logo

規 約
 
第1章 総則
 (名称及び事務局)
  第1条 本会は、中津文化協会と称し、事務局は中津文化会館内に置く。
 (会員)
  第2条 本会は、中津市内に所在して、各種文化的な活動を行う団体、グループ(10名以上)で本会の目的に賛同するもの
      をもって組織する。
 (目的)
  第3条 本会は、各種文化的な団体、グループの相互連携によりその活動と育成強化を図るとともに、会員をはじめ、市
      の文化教養の向上を高め、以って中津市の文化活動の振興発展に寄与する事を目的とする。
    2、各種文化的な活動を行う団体、グループとは、次の各月に該当しない団体、グループをいう。
      (1)一党一派に偏する政治、又は宗教活動を目的とするもの。
      (2)経済利益を目的とするもの。
 (事業)
  第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    1、文化団体、グループ相互の事業の連絡提携に関すること。
    2、文化団体、グループ相互の協力による総合的な事業の企画、実施に関すること。
      (発表会・研修会・講演会・展覧会等文化振興に関する各種行事)
    3、文化団体、グループの育成及び活動に対する啓蒙、並びに普及に関すること。
    4、中央、又は他地方の文化紹介に関すること。
    5、機関紙等の発行に関すること。
    6、その他、本会の目的達成のため必要なこと。

第2章 組織構成
 (組織)
  第5条 本会の組織は、次の専門部会を設け構成する。
      美術部会絵画(洋画・日本画)彫刻・工芸・民芸・書道・写真・手芸ほか。
      音楽洋楽部会合唱・器楽ほか。
      音楽歌謡部会カラオケほか。
      音楽邦楽部会吟道・民謡・謡曲・長唄・器楽・民舞踊ほか。
      舞踊部会日本舞踊・詩舞踊・演劇・神楽・人形劇ほか。
      洋舞踊部会バレエ・ダンスほか。
      文芸部会短歌・俳句・川柳・同人誌・一般文学・現代講ほか。
      生活芸術部会華道・茶道・盆栽・観賞魚・水石・興趣・和花ほか。
      鑑賞部会音楽・映画演劇ほか。

第3章 役員
 (役員)
  第6条 本会に次の役員を置く。会長1名副会長2名監事2名理事若干名
 (役員の職務)
  第7条 会長は、本会を代表し、会務を処理し、総会及び理事会の議長となる。副会長は、会長を補佐し、会長事故ある
      ときはこれを代理する。会長、副会長、理事は理事
      会を構成し、理事は各所属の部を掌理し、その運営にあたり、本会の掌務にあたる。
    2、監事は、本会の会計監査にあたる。
 (役員の選出方法)
  第8条 会長、副会長、監事は総会において選出する。理事は各専門部会より選出し、総会において承認を得る。
      但し、5団体以下は1名、6団体以上は2名とする。
 (顧問及び相談役)
  第9条 本会は、必要に応じて、顧問及び相談役を置くことができる。顧問、相談役は理事会の承認を得て会長が委嘱し
      会長の諮問に応じ、会務運営について意見を述べるものとする。
 (役員の任期)
  第10条 役員の任期は、2年とし再任を妨げない。欠員補充による役員は、前任者の残任期間とする。

第4章 会議
 (会議の種類と招集)
  第11条 本会の会議は、総会、理事会及び専門部会の3種とする。
    2、総会は、会長がこれを招集し、定期総会及び臨時総会の2種とする。
      総会は、各団体、グループの代表者1名をもって構成する。
    3、定期総会は、毎年1回6月に開催し、臨時総会は、会長が認めた時開催する。
 (総会と議事)
  第12条 総会は、予算、決算並びに年度事業計画、その他について、承認又は、議決する。会議は、会長が議長となる。
    2、総会の議決は、出席会員(代表者)の過半数をもって決め、可否同数の時は、議長がこれを決める。
 (理事会と議事)
  第13条 理事会は、会長が必要に応じ召集する。会議は会長が議長となる。
        2、理事会において、決議すべき事項は、次の通りとする。
    (1)総会において決議すべき議案
    (2)その他、会長が必要と認めた事項
    (3)理事会の決議は、出席理事の過半数をもって決め、可否同数の時は、議長がこれを決める。
 (専門部会)
  第14条 専門部会は、第6章において定める。

第5章 事務局
 (事務局の設置)
  第15条 本会の事務局に、次の職員を置く。局長(文化 会館館長)1名 次長(文化会館係長)1名 書記1名
 (事務局の職務)
  第16条 局長は、事務局を総轄し、会務の企画並びに処理にあたる。次長は、局長を補佐し会務を分掌する。書記は、
      上司の命を受け事務を司る。

第6章 専門部会
 (専門部会の設置)
  第17条 本会は、規約第5条により、専門部会を設け、各専門部会の中で、各種目別の班を設ける。
       美術部会 絵画班(洋画・日本画)・彫刻班・工芸班・民芸班・書道班・写真班・手芸班ほか。
       音楽洋楽部会 合唱班・器楽班ほか。
       音楽歌謡部会 カラオケ班ほか。
       音楽邦楽部会 吟道班・民謡班・謡曲班・長唄班・器楽班・民舞踊班ほか。
       舞踊部会 舞踊班(日舞・詩舞踊)・演劇班・人形劇班・神楽班ほか。
       洋舞踊部会 バレエ班・ダンス説ほか。
       文芸部会 短歌班・俳句班・川柳班・同人誌班・一般文学班・現代詩班ほか。
       生活芸術部会 華道班・茶道班・盆栽班・観賞魚班・水石班・興趣班・和花班ほか。
       鑑賞部会 音楽班・映画演劇班ほか。
   2、専門部会、別会議はそれぞれ必要あるつど開催する。会議の議長は専門部会議の中で互選する。
   3、専門部会は、部の関係事項の審議及び事業の企画、実施を行う。
   4、各班は、専門部会に提案する事業を企画する。
 (正副部長並びに班長選出と運営)
  第18条 各専門部会で、各班長を選出し、正副部会長は、各班長より互選する。正副部会長は、本会の理事に推薦する。
      正副部会長は、各専門部会の運営にあたる。班長は、各班の運営にあたる。

第7章 会計
 (財源)
  第19条 本会の経費は、各班より納める会費並びに寄付金、補助金、その他の収入を以ってこれにあてる。会費は、別
      表により定め年額とする。
      一度納入した会費は返還しない。
 (会計年度)
  第20条 本会の事業及び会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
 (予算編成並びに会計報告)
  第21条 会長は、年度始めに本会の予算を編成し、理事
      会の決議決を経て、総会において総ての承認を受ける。
   2、会計報告は、事業年度における収支決算並びに財産目録を作成し、理事会の承認と監事の監査を受け、総会に報
     告するものとする。

第8章 入会・退会・除名
 第22条 本会に入会する団体・グループは、入会申込書を事務局に提出し、所属する専門部会で検討・決定した後、理事
     会で承認されたと同時に会費を納入するものとする。本会に入会する団体・グループは、所属する専門部会で
     検討・決定した後、理事会で承認し、総会にて報告する。

 第23条 但し、年度途中で加入承認した団体・グループについては、翌年度より市民芸術文化祭への参加ができるもの
     とする。本会を退会する団体・グループは退会届書を事務局に提出するものとする。但し、納入した会費は返
     還しない。

 第24条 本会に加入している団体・グループで2年間会費を未納した団体・グループは理事会で審議し総会で除名決定する。

   (別表)
     会員     会費(年額)
     正会員    10,000円
     準会員     5,000円
     個人会員   10,000円
     賛助会員(企業)10,000円
     

〈附則〉1、この規約は昭和54年9月1日から施行する。

〈附則〉1、この規約は平成2年7月23日より施行する。
    2、規約第3条の各種文化的な活動を行う団体、グループとは、次の各月に該当しない団体、グループをいう。
    (1)一党一派に偏する政治、又宗教活動を目的とするもの。
    (2)経済利益を目的とするもの。

〈附則〉1、この規約は平成16年6月13日より施行する。
    2、規約第5条の音楽邦楽部会に、民舞踊を追加し、舞踊部会の民舞踊を削除する。
      又、新たに洋舞踊部会を追加する。
    3、規約第8条の理事は各専門部会より代表2名選出しの、代表2名を削除し、新たに、
      但し5団体以下は1名、6団体以上は2名とするを追加する。
    4、規約第17条の音楽邦楽部会に、民舞踊班を追加し、舞踊部会の民舞踊班を削除する。
      又、新たに洋舞踊部会班を追加する。
プリンタ用画面
中津文化協会 TEL.0979-53-7303(中津文化会館内)〒871-0058 中津市豊田町14番地の38